AMAZON AWSでWordPress構築 常時SSL対応-1

アマゾンの AWSでwordpressを構築し、そして常時SSL化
アマゾンのAWSを使って、wordpressを構築する手順をご紹介します。
アマゾンサイトに記載されている設定では正常に動作しませんので内容を書き換えて掲載します。
wordpressの表示が遅いのでアマゾンの無料枠(1年)を利用して高速なwordpressを構築したいと思います。なお、DNSはいくつかのパターンを掲載しますが、ここではDNSはアマゾンの「Route53」を使います。ちなみにDNS情報はこちらのサイトで確認出来ますのでご自身のDNS情報を念頭に置き設定をしてみてください。
アマゾンのRDSを利用して高速化を実現させます。
なぜRDSを使用する理由は

● MySQL と WordPress は同じサーバー上でコンピューティングリソースをめぐって競合し、サイトのパフォーマンスを低下させる可能性がある。● サイトの人気が高まるにつれて、WordPress サーバーを追加して WordPress を水平方向にスケーリングすることができない。

● データベースのバックアップやセキュリティのアップグレードを含む、すべてのデータベースのメンテナンスタスクを担当している。

ステップ 1: MySQL データベースを作成する

まず、AWS コンソールで Amazon RDS に移動します。
オレンジ色の [データベースを作成] ボタンをクリックして開始します。

Module 1-step1a

最初のステップは、使用するデータベースエンジンを選択することです。
Amazon RDS は、MySQL や PostgreSQL などの一般的なオープンソースオプションから、Oracle や Microsoft SQL Server などの商用オプションまで、クラウドを利用するためにカスタム構築された Amazon Aurora と呼ばれるクラウドネイティブオプションまで、6 つの異なるエンジンをサポートしています。

WordPress は MySQL を使用しているため、ここでそのエンジンを選択します。

Module1-step1b

作成ウィザードの Templates セクションには、AWS 無料利用枠で利用できる選択肢のみを表示するオプションがあります。お金をかけずにこのラボを学習に使用する場合は、この無料利用枠のオプションを選択してください。

本番環境のセットアップでは、無料利用枠外の Amazon RDS の機能を使用したい場合があります。具体的には次のとおりです。

●パフォーマンスを向上させるためのより大きなデータベースインスタンスクラス。

マルチ AZ 配置、インフラストラクチャに問題が発生した場合の自動フェイルオーバーと復旧。

ディスクストレージ用のプロビジョンド IOPS。I/O パフォーマンスを高速化。

Module1-step1c

次に、MySQL デプロイの認証設定を指定します。これには、データベース名、マスターのユーザー名とパスワードの設定が含まれます。

[Settings] セクションで、DB インスタンス識別子として wordpress を入力します。次に、データベースのマスターユーザー名とパスワードを指定します。データベースを保護するために、強力で安全なパスワードを選択してください。後のモジュールで必要になるため、ユーザー名とパスワードを安全に保存しておいてください。

Module1-step1d

ユーザー名とパスワードを設定した後、MYSQL のデプロイに関する主要な詳細を選択できます。これには、インスタンスクラスとストレージの詳細が含まれます。

このラボではデフォルト設定で上手く機能します。テストや小規模なアプリケーションに適したスモールインスタンスクラスを使用します。これは AWS 無料利用枠内に収まります。AWS 無料利用枠を使用する必要がない場合は、より大きなインスタンスクラスを設定するか、ストレージ設定オプションを変更できます。

Module1-step1e

次に、接続とネットワークの設定を行えます。Amazon RDS インスタンスは、プロビジョニングされたリソースが存在する論理的に分離されたネットワークである Amazon VPC で作成する必要があります。

VPC は、このラボの範囲外の高度なトピックです。幸い、AWS はアカウントの各リージョンにデフォルトの VPC を作成しました。デフォルトの VPC はすでに選択されており、この VPC で RDS インスタンスを起動できます。

最後に、RDS には、デプロイをカスタマイズするための追加の設定オプションがいくつか用意されています。ここで 1 つの変更を行う必要があります。オプションを展開するには、[追加設定] 行をクリックします。

Module1-step1f

[initial database name] を wordpress に設定します。これにより、RDS は初期化時に MySQL インスタンスにデータベースを作成します。データベースに接続するときに、このデータベース名を使用します。

Module1-step1g

作成ウィザードの下部に、RDS データベースの推定月額コストが表示されます。AWS RDS 無料利用枠の資格がある場合は、データベースが最大 12 か月間無料で利用できるという通知が表示されます。

オレンジ色の [Create database] ボタンをクリックして、データベースを作成します。

Module1-step1h

データベースが作成されていることを伝える成功通知が表示されます。

Module 1-step1i

 

1.WordPressのサイトの速度を計測する
WEBPAGETESTや、Page Speed Insightsの速度計測ツールを使い、パフォーマンスを確かめ、原因を探る。

WEBPAGETEST:https://www.webpagetest.org/
Page Speed Insights:https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/