GCPでFTPが拒否された場合

1.エラーを特定する

何が許可拒否された FTPの誤差が、どのようなことが見えますか?

アクセス許可が拒否されたエラーは、FTP経由で編集しようとしているファイルを変更するために必要な権限がない場合に発生します。

FTP許可エラーを修正するGoogleクラウド
上記の画像では、ユーザーはFTP経由でウェブサイトのwordpress.confファイルに変更を保存しようとしています。
FTP許可エラーを修正するGoogleクラウド
ユーザーには、wordpress.confファイルへの変更を保存するために必要な権限がないため、FTPコンソールにPermission denied – File transfer failedが表示されます。

2. VMインスタンスに接続する

問題を解決するには、Google Cloud Platformでファイルの権限を編集する必要があります。これには、SSH(Linuxシェル)端末を使用してVMインスタンスに接続する必要があります。

FTP許可エラーを修正するGoogleクラウド
Google Cloudのホームページにアクセスし、左上隅のハンバーガーメニューをクリックします。
FTP許可エラーを修正するGoogleクラウド
Compute Engineに移動し、次にVMインスタンスにアクセスしてVMインスタンスにアクセスします。
FTP許可エラーを修正するGoogleクラウド
SSHボタンをクリックして、SSH経由でWebサイトに接続します。

3.ファイルのアクセス許可を確認する

SSH経由でWebサイトに接続したので、最初に編集したいファイルのパーミッションをチェックします。この例では、ユーザーはwordpress.conf読み続けてください

Googleクラウド上のWordPress用の無料のSSL証明書の設定(Click-to-Deploy)

Google CloudのクリックツーデプロイバージョンのWordPress を使用して、Google CloudでホストされているWordPress Webサイト用の無料の自動更新SSL証明書を設定する方法

1. SSH経由でWordPressに接続する

GoogleクラウドアクセスメニューのSSL証明書ワードプレス
Google Computeのホームページにアクセスして、左上隅にあるハンバーガーメニューをクリックします。
Googleクラウド上のワードプレスのSSL証明書はコンピュートエンジンに行き、その後VMインスタンスに行きます
Compute Engineに移動し、次にVMインスタンスに移動してWordPressインストールにアクセスします。
SSHボタンをクリックしてWebサイトのサーバーに接続します。

2. CertBotクライアントをインストールする

SSL証明書のセットアップWordpressのGoogleクラウドをクリックして展開する
WebサイトのApacheサーバーに接続したので、Certbotクライアントをインストールするためのコマンドを実行します。Certbotクライアントは、このチュートリアルの後半で使用されるSSL証明書を発行するために使用されます。

読み続けてください